Item

黒陶窯変深甚文刻段扁壺「陰陽」(295×190×500㎜)(220×120×445㎜)1-1-K

黒陶窯変深甚文刻段扁壺「陰陽」(295×190×500㎜)(220×120×445㎜)1-1-K
「黒陶」とは(1250℃前後)による炭化焼成で私独自の方法です。土器は現在から1万~2万年ぐらい前から地球上のあちこちで作られ、発見されています。中でも日本の縄文時代の火焔土器は他に例を見ない独自な模様であり、造形であります。自分の存在のルーツと向き合ったとき、縄文時代に想いを馳せ、彼等の生活振りや儀式を想像しながら私なりの縄文の記憶を「カタチ」にしてみました。
坂田甚内工房の作品を直接ご覧になりたい方はご予約をどうぞ。
電話:0285-72-8660

              

関連作品

  •  塑像2体「感謝と祈り」(200×130×70㎜)(170×150×70㎜) 1-1-A 塑像2体「感謝と祈り」(200×130×70㎜)(170×150×70㎜) 1-1-A
  • 黒陶窯変オブジェ「私の丸石神」(2000×1800×1350㎜)1-1-C 黒陶窯変オブジェ「私の丸石神」(2000×1800×1350㎜)1-1-C
  • 黒陶窯変深甚文金箔押陶筥「胎動Ⅱ」(1600×1600×300㎜ )  1-1-D 黒陶窯変深甚文金箔押陶筥「胎動Ⅱ」(1600×1600×300㎜ ) 1-1-D

Search作品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド