news

2020/01/20 12:00




甚深バサラ - JinJin Basara - 

深甚(jinjin)は、宇宙の「深さ」と「広さ=甚」に畏敬と感謝を表した私の造語です。バサラ(Basara)は、現在から約450年前、安土桃山時代に日本で流行したスタイルで、思い切り派手に歌舞くことです。

日本の伝統芸術を代表する歌舞伎もここから始まり現在に至っています。



深甚文箔玻璃  - jinjinmon-hakuhari -

西洋の文化である硝子と、日本古来の文化である箔や漆を融合させて制作しています。

硝子の裏面に色箔を一枚一枚丁寧に貼り、模様を描き出しました。


天笑桜:[1000,980,80]-[960,960,60]-[925,925,50](mm)




[445,280,70](mm)




[125,125,30](mm)




[240,240,105](mm)




月の光:[700,700,35](mm)




[250,250,60](mm)




Big Bang series



NAUGHTY FRACTAL
                    
私のアートはイメージした瞬間に沸き起こったインスピレーションの定着だと思います。

Naughtyとは、「やんちゃ」すなわち「型にはまらない」という意味。
Flaqutallとは、ちょうど氷が結晶して固まると、2つとして同じ形にならないように、宇宙は不規則性の調和で成り立っているのでは、という私の考え、いわゆる「変幻自在」という意味です。


JinJin Blue series



深甚文  - jinjin-mon -

自分で刻んだ櫛で丹念に波模様を描いています。これを「深甚文」と呼んでいます。
縄文土器の温かさと力強さに、形の模倣をするのではなく、その精神性―畏敬と祈り―
の心を自ら肉体を通して再構築してみたいと思いました。
「深甚文」とは木・火・土・金・水の五つの要素によって天も地も生命も成り立つと
する西洋哲学の世界観である「陰陽五行」を表している文様です。


深甚文黒陶 - Jinjinmon-kokutou -

「黒陶」とは高温(1250℃前後)による炭化焼成で私独自の方法です。
土器は現在から1万~2万年ぐらい前から地球上のあちこちで作られ、発見されています。中でも日本の縄文時代の火焔土器は他に例を見ない独自の模様であり、造形であります。自分の存在のルーツと向き合ったとき、縄文時代に思いを馳せ、彼等の生活振りや儀式を想像しながら私なりの縄文の記憶を「カタチ」にしてみました。



私の丸石神:[1800,1800,900](mm)




懸崖の絵と刻段鉢:[310,310,360](mm)




縄文の歌が聴こえる:[330,300,210](mm)




黒陶窯変箔押湯呑:[700,700,35](mm)




太陽へのオマージュ:[460,460,220](mm)




黒陶甚深文箔押陶筥:[210,155,270](mm)




胎動 - 蠢(うごめ)く形 (大英博物館収蔵):[2000,1000,380](mm)





陶硝人  坂田 甚内

1943 東京に生まれる

1964 加守田章二に師事

1966 独立、益子町に登り窯を築窯

1987 日本橋高島屋にて個展(隔年開催)

1994 ニューヨーク・アートギャラリー髙島屋、オープニングエキシビジョン「大地に聴く・共存する日常と非日常」展開催。日本髙島屋、大阪なんば髙島屋にて帰国展

2000 硝子制作開始

2003 LEDとアクリルを使った照明作品制作開始。かよう亭(石川県山中温泉)「瓦器大小と箔玻璃硝子の器」展。

 北野カルチャーセンター北野美術館(長野県善光寺)「大皿を作りたい」展

2010 季刊誌「ジャパニスト」No.5に特集記事「縄文の記憶・未知への開墾」が掲載される
2013
 出雲大社60年に一度の「平成の大遷宮」に、深甚文箔玻璃勾玉大皿「生命の輝き」が奉納される。
 伊勢神宮に「太陽のオマージュ」奉納。出雲大社と遷宮が同じ年。(次は60年後まで同時遷宮はない)
 熱海神宮に深甚文箔玻璃オブジェ「倭安寧」を奉納。

 季刊誌「ハーモニー」春号に特集記事が掲載される

 亀岡八幡宮(益子町)に黒陶刻印文箔押陶筥一対「長寿」を奉納。

 椿近代画廊にて個展


パブリックコレクション

伊勢神宮・出雲大社・熱田神宮・高千穂神社・亀岡八幡宮(益子町)・薬師寺・
比叡山延暦寺・高台寺圓徳院・大英博物館・ロックフェラー財団・アメリカ大使館・
国際交流基金・上海日本国総領事館・北京清華大学・西安文理学院大学・
佐久市立近代美術館・関市文化会館(岐阜市)・那須トラピスト修道院・
會津八一記念博物館(早稲田大学)・早稲田大学学生会館・早稲田実業学校・etc



クレイ&ガラスワーク

道場六三郎氏(懐食みちば)、鈴木直登氏(東京會舘)との
「食と器の饗宴―楽膳会席」開催その他東京/名古屋/宇都宮などでも開催
中村勘三郎主演「夏祭り浪花鑑」シアターコクーン歌舞伎クレイデレクターとして参加
市川右近氏とのトークショウ「平成 桜花の宴」大阪リーガロイヤルホテル
天河神社(奈良県)・天岩戸神社・高千穂神社(宮城県)奉納舞「天岩戸開き」をプロデュース
「ハイパワードローイング 静寂のシンフォニー」八重洲ブックセンター/札幌モエレ沼公園
「ハイパワードローイングと箔玻璃硝子の世界展」京都高台寺/玉川髙島屋 同時開催


坂田甚内桜杜工房

〒321-4104 栃木県芳賀郡益子町大沢桜杜2190-1
Tel/Fax 0285-72-8660

E-mail: jinnai(a)guitar.ocn.ne.jp

※(a)は@に変更してください

URL http://jinnai-sakata.com/